手間掛けず工作機械を高く売るなら、【IZM東京】東京・戸越銀座で機械工具商50年。機械の査定なら当日から2日で回答。
販売なら1000台以上の整備後の機械から選択後最速2日でお渡し。マシニングセンタやNC旋盤などあらゆる機械を誠意とスピードで買取販売します。

修理メンテナンス

スピンドルの修理・メンテナンス

スピンドル修理は、お客様の機械スピンドルの不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

スピンドルの再研磨

お客様の機械スピンドル、こんな症状ありませんか?

工作機械のNCフライス、マシニングセンターなどで、

  • 工具が振れて径補正が安定しない・・・
  • 加工時に、仕上面にビビリが生じる・・・
  • 重切削ができない・・・

などです。
これら症状の主な原因は、スピンドル内面テーパー(BT50、BT40、BT30など)が工具交換時に少しずつ磨耗してき、工具テーパーとの噛み合わせが悪くなっているためです。

従来でしたらヘッドを分解してスピンドルをメーカーに送り、修正されていた事と思いますが、これでは長時間機械を止めなければならず、生産が間に合わない、また費用も非常に高くついて困ります。

当サービスでは、以下3点の特徴があります。

  1. セルフ研磨機は弊社から持ち込みますので、お客様にご負担はかかりません。
  2. 作業時間は、1台約半日~1日(通常のBT50、BT40、BT30など)で精度検査まで終了するので、生産活動への影響を最小限に抑えます。
  3. 料金は、主軸分解交換工事の1/2~1/3以下(メーカーによっては1/4以下)なので、大幅なコストダウンが実現します。

スピンドルの修理は、大手メーカーを中心に年間200台に及ぶ実績がありますので、安心してご依頼ください。

※修理の可否については、電話による機械の状態をヒアリングさせていただくことで判断できます。

お見積りはこちらから!

基板修理

基板修理は、お客様の機械の基板や電子機器不具合を、低価格、短期間で修正するサービスです。

基盤

お客様の機械の基板や電子機器にこんな症状ありませんか?

  • 電源が入らない。電源を入れても何も表示されない・・・
  • エラー表示(アラーム)が出る・・・
  • 急にまたは、徐々に動かなくなった・・・
  • 自動運転ができない。プログラムが入力できない・・・
  • 機械が誤作動してしまう・・・

などです。 これら症状が発生してしまうと、製造ラインが止まってしまい多大な損失が発生してしまいます。しかし、機械の基板の場合、専門のプロでないと「どの基板が故障しているのか・どの修理方法が最適か」ということを判断することが難しいです。

当サービスでは、主に「サーボドライバー、コントローラー、インバータ、室内外機、搬送設備、サーボモーター、CPU、FA用コンピュータ、タッチパネルモニター、カメラ、バブル装置、露光装置、直流電源」の不具合の相談を多くいただいております。

当サービスの基板修理は、月数100件の実績の他、業界最短納期1週間を可能としていますので、少しでも異変を感じたら可能な限りお早めに安心してご依頼ください。

※修理依頼ついては、事前にヒアリングシートへのご記入をお願いしています。
また、万が一修理ができなかった場合は、費用をいただきません。
納期については、注文状況により前後する場合があります。

お見積りはこちらから!

コンプレッサー修理・メンテナンス

コンプレッサー修理・メンテナンスは、生産現場のコンプレッサーの不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

コンプレッサー

生産現場のコンプレッサーにこんな症状ありませんか?

  • スクリュー機:吐出温度高、過負荷、オイル消費大、吐出圧力異常、
    潤滑油早期劣化
  • レシプロ機:吐出圧力異常、過電流
  • ドライヤー:過負荷、高圧圧力スイッチ動作、加熱防止用サーモ動作

などです。

コンプレッサーの修理には、株式会社日立産機システム、株式会社加地テック、北越工業株式会社、コベルコ・コンプレッサー株式会社、三井精機工業株式会社、アトラスコプコ株式会社、株式会社I・H・Iトレーディング、アネスト岩田株式会社、日本精器株式会社、SMC株式会社、オリオン機械株式会社など、あらゆるメーカーのコンプレッサー(スクリュー機、レシプロ機、ドライヤーなど)の部位別にトラブルの原因を究明し、確実に故障修理を行います。

修理の対応については、お客様からご連絡をいただいてから1~2営業日でお見積もりを提示致します。作業ロスを最小限に抑えるため、現場で対処できるあらゆるトラブルはコンプレッサーの専門家が即座に解消し、部品交換が必要な場合も最短で対応致します。コンプレッサーのトラブルが起こった際は安心してご依頼ください。

また、IZM東京より、お客様にご提案したいのは、「コンプレッサーの定期メンテナンス」です。コンプレッサーの修理費用を最小限に抑えるには、耐用年数を目安とし、使用環境、使用頻度に応じた適切なタイミングで定期的なメンテナンスを行うことが一番低コストとなります。定期的なメンテナンスを行うことで劣化や摩耗の進行を抑え故障を未然に防ぐほか、フィルターの目詰まりによる圧縮空気の損失や吐出側にオイルを持ち去られることを防ぐことで稼働効率の維持や省エネにも貢献します。

同時に、省エネ診断による、コンプレッサーのサイズ、設置レイアウト、補器などもふまえて最適化するコスト削減のご提案も可能です。コンプレッサーのコストを抑えたいお客様はぜひ一度お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから!

測定器校正・定期点検

測定器校正・定期点検は、生産現場の測定器の不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

測定器

生産現場の測定器にこんな症状ありませんか?

  • 計測エラーが起きるようになった。
  • 計測に一貫性が持たせられなくなってきた。
  • 計測に正確性が確保できなくなってきた。

測定器の校正には、株式会社ミツトヨ、コニカミノルタ株式会社、横河電機株式会社、日置電機株式会社、株式会社エヌエフ回路設計ブロック、GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社、新コスモス電機株式会社、理研計器株式会社など、あらゆるメーカーの測定器(光通信測定器、移動体通信機器、アナログ通信機器、デジタル通信機器、電圧・電流・抵抗・電力測定器、圧力計など)の部位別に状態を把握し、確実に校正を行っていきます。校正の対応については、お客様からご連絡をいただいてから1~2営業日でお見積もりを提示致します。作業ロスを最小限に抑えるため、現場で対処できるあらゆる校正は測定器の専門家が基準気を持参し、即座に解消し、最短で対応致します。測定器の精度が気になった際は安心してご依頼ください。

また、IZM東京より、お客様にご提案したいのは、「測定器の定期的な校正」です。計測器の校正費用を最小限に抑えるには、耐用年数を目安とし、使用環境、使用頻度に応じた適切なタイミングで定期的に行っていくことが一番低コストとなります。定期的に構成を行うことで計測エラーの低減や計測における正確性や一貫性の確保を実現することで、計測不備によって発生するトラブルや余分なコストをなくすことができます。 同時に、測定器のサイズ、補器などもふまえて測定器の管理を最適化するコスト削減のご提案も可能です。測定器のコストを抑えたいお客様はぜひ一度お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから!

バラマン修理・点検

バラマン修理・定期点検は、生産現場のバラマンの不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

バラマン

生産現場のバラマンにこんな症状・お悩みありませんか?

  • 確実に動きが悪くなっている。
  • 故障したので修理したいが、社内で治せる人がいない。
  • 部品を交換したいが、交換部品をどうすれば良いか分からない。

バラマンの修理には製作会社であるトーヨーコーケン株式会社がバラマンの部位別に状態を把握し、確実に故障修理を行います。修理の対応については、お客様からご連絡をいただいてから1~2営業日でお見積もりを提示致します。作業ロスを最小限に抑えるため、現場で対処できるあらゆるトラブルは即座に解消し、部品交換が必要な場合も最短で対応致します。バラマンのトラブルが起こった際は安心してご依頼ください。

また、IZM東京より、お客様にご提案したいのは、「バラマンの定期的な点検」です。バラマンの修理費用を最小限に抑えるには、耐用年数を目安とし、使用環境、使用頻度に応じた適切なタイミングで定期的に点検を行うことがトータルで考えると最も低コストとなります。定期的な点検を行うことで劣化や摩耗の進行を抑え故障を未然に防ぐほか、稼働効率の維持や省エネにも貢献し、トータルコストダウンが実現します。

同時に、省エネ診断による、バラマンのサイズ、設置レイアウト、補器などもふまえて最適化するコスト削減のご提案も可能です。バラマンのコストを抑えたいお客様はぜひ一度お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから!

ホイスト修理・メンテナンス

ホイスト修理・メンテナンスは、生産現場のホイストの不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

ホイスト

生産現場のホイストにこんな症状ありませんか?

  • ブレーキライニングが炭化して発煙する。
  • 巻上のチェーンが摩耗して破損してしまった。
  • 走行車輪部分が回転しない。

ホイストの修理には、株式会社神内電機製作所、東洋ホイスト株式会社、株式会社日立産機システム、日本ホイスト株式会社、三菱電機FA産業機器株式会社、IHI運搬機械株式会社など、あらゆるメーカーのホイスト(油圧ホイスト、油圧以外のホイスト)の部位別にトラブルの原因を究明し、確実に故障修理を行います。修理の対応については、お客様からご連絡をいただいてから1~2営業日でお見積もりを提示致します。作業ロスを最小限に抑えるため、現場で対処できるあらゆるトラブルはホイストの専門家が即座に解消し、部品交換が必要な場合も最短で対応致します。ホイストのトラブルが起こった際は安心してご依頼ください。

また、IZM東京より、お客様にご提案したいのは、「ホイストの定期メンテナンス」です。吊上げ荷重が0.5t以上の電気ホイストや電気チェーンブロックを使用するクレーンは、「労働安全衛生法」、「同施工令」、「労働安全規則クレーン等安全規則」により、年次点検、月次点検および作業開始前点検が義務付けられています。これら検査を行う上で資格・免許は特に必要とされていませんが、クレーンメンテナンスに熟知した技術者でなければ気づけないこともあります。メンテナンスのプロが耐用年数を目安とした使用環境、使用頻度に応じた適切なメンテナンスを定期的に行うことで劣化や摩耗の進行を抑え故障を未然に防ぐほか、稼働効率の維持や省エネにも貢献し、トータルでのコストダウンを実現します。

同時に、省エネ診断による、ホイストのサイズ、設置レイアウト、補器などもふまえて最適化するコスト削減のご提案も可能です。ホイストのコストを抑えたいお客様はぜひ一度お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから!

ポンプ修理・メンテナンス

ポンプ修理・メンテナンスは、生産現場のポンプの不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

ポンプ

生産現場のポンプにこんな症状ありませんか?

  • ポンプの規定能力が出ない。
  • ポンプから流体が漏れている。
  • ポンプから異音・発熱がする。

ポンプの修理には、理研機器株式会社、不二越株式会社、ダイキン工業株式会社、テラル株式会社、株式会社TAIYO、川崎重工業株式会社、KYB株式会社、株式会社荏原製作所、株式会社鶴見製作所、株式会社寺田ポンプ、アプライドパワージャパン株式会社、株式会社川本製作所など、あらゆるメーカーのポンプ(油圧ポンプ、油圧以外のポンプ)の部位別にトラブルの原因を究明し、確実に故障修理を行います。 修理の対応については、お客様からご連絡をいただいてから1~2営業日でお見積もりを提示致します。作業ロスを最小限に抑えるため、現場で対処できるあらゆるトラブルはポンプの専門家が即座に解消し、部品交換が必要な場合も最短で対応致します。ポンプのトラブルが起こった際は安心してご依頼ください。

また、IZM東京より、お客様にご提案したいのは、「ポンプの定期メンテナンス」です。ポンプの修理費用を最小限に抑えるには、耐用年数を目安とし、使用環境、使用頻度に応じた適切なタイミングで定期的なメンテナンスを行うことが一番低コストとなります。定期的なメンテナンスを行うことで劣化や摩耗の進行を抑え故障を未然に防ぐほか、高効率モーターへの置き換えやポンプのインバーター化で稼働効率の維持や省エネにも貢献します。

同時に、省エネ診断による、ポンプのサイズ、設置レイアウト、補器などもふまえて最適化するコスト削減のご提案も可能です。ポンプのコストを抑えたいお客様はぜひ一度お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから!

モーター修理・点検

モーター修理・点検は、生産現場のモーターの不具合を、簡単に、低価格、短期間で修正するサービスです。

モーター

生産現場のモーターにこんな症状ありませんか?

  • 運転中に異常音がする、熱くなる。
  • 運転中モーターが激しく振動する。
  • カーボンブラシの減りが早い。

モーターの修理には日本電産テクノモータ株式会社、東洋電機製造株式会社、株式会社日立産機システム、東芝産業機器システム株式会社、株式会社安川電機、富士電機株式会社、住友重機械工業株式会社、ミネベアモータ株式会社、株式会社ミツバ、マブチモーター株式会社、などのあらゆるメーカーのモーターの部位別にトラブルの原因を究明し、確実に故障修理を行います。修理の対応については、お客様からご連絡をいただいてから1~2営業日でお見積もりを提示致します。作業ロスを最小限に抑えるため、現場で対処できるあらゆるトラブルはモーターの専門家が即座に解消し、部品交換が必要な場合も最短で対応致します。モーターのトラブルが起こった際は安心してご依頼ください。

また、IZM東京より、お客様にご提案したいのは、「モーターの定期的な点検」です。モーターの修理費用を最小限に抑えるには、耐用年数を目安とし、使用環境、使用頻度に応じた適切なタイミングで定期的な点検を行うことが一番低コストとなります。定期的な点検を行うことで劣化や摩耗の進行を抑え故障を未然に防ぐほか、稼働効率の維持や省エネにも貢献し、トータルでのコストダウンを実現します。

同時に、省エネ診断による、モーターのサイズ、設置レイアウト、補器などもふまえて最適化するコスト削減のご提案も可能です。モーターのコストを抑えたいお客様はぜひ一度お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから!

中古機械についてのお問い合わせ
スマホ版を見る